全国の風俗街と呼ばれる地域は割とたくさんありますが、実は「風俗街?」と疑問符が付くような地域があります。錦糸町もその一つになりますが、風俗街と呼ばれる地域には少なからず店舗型の風俗店が存在していなければならないでしょう。錦糸町を見ると、ほとんどその傾向はなく多くがデリバリーヘルス店(派遣型風俗)です。それでも風俗街と呼ばれる傾向にあるのは、全国でもまれに見るくらい、圧倒的にデリヘル店の数が多いところにあるでしょう。その数は100店舗以上ともいわれていますので、その多さが良く分かるでしょう。さらにいうと、錦糸町に100店舗以上というのが恐ろしい状況です。例えば、〇〇市エリアといった感じで広くエリア別けされた地域内に100店舗ではなく、錦糸町という街だけで100店舗以上存在している過密具合がすごいことなのです。それだけお店が多くなると、その地域でトップ3だけではなくトップ10内であれば十分に楽しめる優良店が存在することになり、利用者側からすると高いクオリティー故のお店選びの苦労も出てくるだろうと考えられます。そんな状況なので、デリヘル店側も利用者の確保に必死に取り組むことが当たり前となり、レベルの相乗的な向上が生まれていきます。歯医者や美容室を考えると分かると思いますが、たくさんあるとどこを選べば良いのか困るのと同じです。極体に同じジャンルのお店が多く競合していることによりこのような現象が起きていますが、お店側もそれでは成立しない部分が出てきます。利用者の多くはコストパフォーマンス/費用対効果を重視しているのです。つまりは、高ければ良いお店という図式は成立せず、顧客満足度がどれだけ良いかが大事になってきているのです。そうなると、安売り合戦が始まります。激安や格安といった売り出し方が目立ってきて、想像をはるかに超えた安さが生まれてしまうのです。これが今の錦糸町のイメージを作り上げてしまったと考えてもおかしくはありません。そもそもこれが六本木や銀座であれば安売りとなったかといわれるとそうではないと思いますし、高級デリヘルだった場合にも安くなることもないでしょう。この安くなってしまった理由の一つに土地柄が含まれているのは紛れもない事実です。元々、場外馬券場やキャバクラ、飲食店などが多い街だった傾向もあり、お金に対して十分な余裕がある遊び方をされるような客層が集まる街ではないわけです。そうなると、低所得者層がどうにか楽しく風俗を利用したいという需要に一番マッチするかたちとなってしまうのです。このような背景を冷静に分析すると、実は質がものすごく高いのに様々な地域の特色を含めたイメージだけで、低品質低レベルな印象が付いてしまっているだけとも考えられるでしょう。幅広い層からの需要が確保できているのでお店の経営も苦労する部分があまりなさそうですが、利用者の色は圧倒的に悪くなるとも考えられるので、本当に良い人気のデリヘル嬢は一時しか在籍しない可能性もある為、原石探しにはピッタリかもしれませんが、延々と安定した遊びが成立するか否かといわれると難しい部分があるかもしれませんね。
錦糸町のデリヘル・風俗なら『ピュアセレクション』

日暮里のあたりは最近観光地として有名になって来てはいますが、自分はここのところデリヘルを呼んでいます。何気にラブホとかも多いので、休みの日になるとついつい日暮里に行ってしまうわけです。いつもどこのデリ…>>続きを読む

秋葉原というと意外にも風俗業界の進出が著しいことはご存知でしょうか。しかし、やはり秋葉原という土地柄コスプレをした女の子とエッチなことができるかもなんてイメージが沸き上がりそうです。もちろん、そのよう…>>続きを読む

関連する記事は見当たりません…